WORLD BOSAI FORUM

WBF 2017 報告

実行委員長より

「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017」が、大成功のうちに閉幕いたしました。セッション・展示・ポスター・ミニプレゼンテーション等にご協力・ご参加くださった方々、ご来場くださった多くの地元の方々に、心より御礼申し上げます。

40以上の国・地域から、900名以上の会議登録者に、世界防災フォーラムへご来場いただくことができました。フォーラムとあわせてスタディツアー、エクスカーションにもご参加いただいた方々には、東日本大震災被災地の復興状況や東北の魅力を体験いただきました。延べ参加者は、同時開催イベント「ぼうさいこくたい」「防災産業展」の出展者・来場者や世界防災フォーラムへの一般市民来場者も含め約11,200名にも達し、大盛況となりました。

世界防災フォーラムでは、東日本大震災の知見や経験が共有され、具体的な解決策が議論されました。「BOSAI」を世界へ発信しながら、国際的な防災指針「仙台防災枠組」の実施を推進することを目指しましたが、多様な人々がさまざまな角度から防災を話し合い、市民や若い世代も参加されたのが特長でした。世界防災フォーラムが、世界最先端の防災技術・学術・知識を共有する場となっただけでなく、豊かな文化交流の機会ともなりましたことを、大変喜ばしく思っています。

世界防災フォーラムの成功にご尽力くださったすべての方々に、重ねて御礼申し上げます。今後も、国際社会との連携を深めながら、防災社会の構築に尽力してまいりますので、引き続き皆さまのご支援・ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

世界防災フォーラム実行委員長
今村 文彦

実行委員長サマリー

最終日に行われた閉会式において、4日間の議論内容等を総括し、今後の展望に言及したChair’s Summary(実行委員長サマリー)が発表されました。同文書では、科学と技術、政策と財政、社会と文化という3つの表題のもとに主要事項が要約されたほか、新産業の創成などを含む「よりよい復興」の概念や「リスクの文化」の涵養の重要性など、仙台防災枠組2015-2030の柱となる事項の展望についても言及されています。

World Bosai Survey

本調査は、世界の防災専門家や市民の方々の防災意識の傾向を仙台防災枠組を基盤とした設問によって明らかにし、今後の世界の防災政策等に生かしていただくことを目的として実施しました。世界規模での防災意識についての調査はこれまで一度も実施されたことがなく、おそらく世界初となります。