ニュース

気象庁が命名した豪雪 昭和38年豪雪、昭和56年豪雪、平成18年豪雪

2022年2月7日

暦の上では立春を過ぎましたが、強い冬型の気圧配置が続いています。気温の低い状態も重なり、東日本を中心に積雪に注意が必要です。気象庁が命名した雪による災害には、「昭和38年1月豪雪」「昭和56年豪雪」「平成18年豪雪」があります。意外なようですが、21世紀になってからも豪雪災害は発生しています。
 
詳しくはこちら