ニュース

巨大地震への備え(2)南海トラフ地震は3つのケースで対応を

2022年4月1日

前回の記事で、気象庁から発表される「南海トラフ地震臨時情報」について解説しました。南海トラフ地震臨時情報は、南海トラフ震源域で「半割れ」「一部割れ」「ゆっくりすべり」などの異常現象が観測され、その現象が南海トラフ沿いの大規模な地震と関連しそうな場合に気象庁から発表されます。この発表を受けて、私たちはどのような対応をとればよいのか、基本的な考え方や住民、自治体、企業別の心得などを示しているのが、2019年3月に策定された「南海トラフ地震の多様な発生形態に備えた防災対応検討ガイドライン(第1版)」です。
 
詳細はこちら

https://bousailog.com/news/20220401/