ニュース

台風1号発生 日本の南海上へ向かう可能性

2022年4月8日

西大西洋のカロリン諸島で発達していた熱帯低気圧が、4月8日9時、台風となりました。今年に入り初めて、台風第1号(マラカス:台風委員会加盟国フィリピン提案の名称で「強い」の意)です。
気象庁によると、8日12時時点で台風1号はカロリン諸島にあり、中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18m毎分、最大瞬間風速は25m毎分の大きさです。今後西北西の方向に時速15kmで北上し、日本の南海上に達する可能性があります。
 
詳しくはこちら