ニュース

善意で流す「情報」の落とし穴【関東大震災の教訓】

2022年4月11日

自然災害や紛争、感染症の流行など社会の混乱に乗じて流布されるものに「流言(デマ)」があります。
特にここ最近はSNS上での拡散が著しく、AIを使った悪質なフェイクニュースの広まりが指摘されるなど、情報を正しく捉えるファクトチェック(事実確認)の重要性が強くうたわれています。
しかし、こうしたデマの問題は、実はインターネットが普及したから起きているわけではありません。もっと古くから――100年も前に発生した関東大震災でも、大きな問題となっていたのです。
 
詳しくはこちら